ニュー地底

熟読型写真ブログ・ニュー地底

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みの工作 手作りスピーカー

FX120 というスピーカーユニットを使って、自作スピーカーの
もう一本のほう。

fx120_hk025_20120808214831.jpg

設計は、スピーカーに付いてきた取り説どおりのダブルバスレフ方式で。
カットは、東急ハンズ。精確です。板は多少高めですが、反りも無いしカットが
ミリオーダーで、仕上がりがピタッと密着します。
fx120_hk026_20120808214934.jpg
のりしろを残して内部も塗ります。

先に作ったFF125のものと比較すると、背が高いです。
fx120_hk034_20120808220021.jpg

仮組みして、しばらく鳴らしっぱなしにします。
だいたい慣らし初めから30分くらいで劇的に音が変化します。おもしろいです。
fx120_hk027_20120808220142.jpg


FF125と比べると、高音がおとなしい感じがしたので、
スーパーツイーターというものをくっつけます。
見た目がカッコいいFT17にしました。
FT117001.jpg
↑余った端板で、適当な箱を作ってまずは鳴らしてみます。シナベニヤ
↓こっちは、ちゃんと図面を引いて、またハンズでカットしてもらった本組み ラワン合板18mm
FT117002.jpg


アッテネーターというなんか江戸っ子弁みたいなものを組み込みます。
なんとかマイクロファラッドとかいうものも一緒です。これも取り説どおり。
ご覧のように実体配線が苦手でございます。(テスト用とはいえひどいです)
attene.jpg

今回はオイルフィニッシュ。例のあれです(忘れました)オスモカラーだったか・・・
臭くないほう。ブライワックスじゃないほうです。
fx120_hk030_20120808214835.jpg

良いつやと色合いにあがります。
fx120_hk032_20120808214833.jpg

fx120_hk029_20120808214832.jpg
↑これが、
↓こう
fx120_hk031_20120808214834.jpg

スーパーツイーターもイイかんじにあがり
FT117003.jpg

ユニットがついて、グリルもつくとそれらしく見えます。
fx120_hk033_20120808214836.jpg

音は、深みのあるまろやか風味。低音がすごいです。
チェロ、ベース、バスドラ、良い感じでズーンと、ズシンと来ます。
レゲエもジャズも、ハードロックも。ヨーヨーまも。
スーパーツイーターは、ギターやバイオリンのキラキラ感が増します。
ライブ音源なんかの場合、臨場感が増します。
FFより少しだけ値が張りますが、それ以上の価値を感じることがO.K.
満足感も約3割増量。
(あくまでも個人の感想です。)





スポンサーサイト

夏にぴったりの一枚

友人で、地底のギター師匠のアルバム

I WISH YOU LOVEI WISH YOU LOVE
(2008/07/19)
YUKI BRASIL PROJECT、今井祐岐 他

商品詳細を見る


2008年のアルバムで、夏にぴったりです。
よく晴れた暑い日に、エアコンを効かせた車内で聞くと最高です。
自宅での録音と音楽家本人によるCD制作が、ここまで高音質である
というのも驚きです。(今現在はさらにグレードアップしてます)
アルバムも素晴らしいのですが、ジャケ写がまたびっくりするほど
素晴らしい。
なぜなら、地底が撮ったからです。

スピーカーが出来上がる

例のダブルバスレフが、ちょっと前に完成。

sp_kan1.jpg

まずまずの出来、かと思います。

sp_kan2.jpg

研磨と塗装の工程は、粉塵・塗料の関係で撮影しませんでした。

塗装に関しては以下の書籍のとおりにやりました。
非常に勉強になりました。
基本から始める塗りのテクニック―エクステリア・インテリア・木材・金属の塗装術 (Gakken mook―DIY series)基本から始める塗りのテクニック―エクステリア・インテリア・木材・金属の塗装術 (Gakken mook―DIY series)
(2005/08)
不明

商品詳細を見る


シナベニヤなので、筆塗りが不向きではありますが、まぁまぁの仕上がりかと。
今は、音を出し始めてしばらくたち、エージングが進んでいます。
だんだん音にやわらかさが出てきて、キンキンしなくなってきました。
もちろんダブルバスレフの豊かな低音とやらも出ているように思います。

もう少し鳴らせば、もっと聴きやすくなるように思います。
とりあえず、そんなところです。

実はもう一組をも制作進行中でありまして、そちらも合わせて
また後日アップします。

テーマ:手づくりを楽しもう - ジャンル:趣味・実用

紙ペーパーとは

紙、いわゆるひとつのペーパーですか?

kamipe.jpg

紙ペーパーとは?
サンド(砂)をペーパー(紙)に吹き付けたものをサンドペーパーという。
これに対し、布に砂を吹き付けたものを布ペーパーと呼ぶ。
布ペーパーが出現した時点で、商品としての呼称を布のそれとは
区別し、混同を防ぐためにサンドペーパーを紙ペーパーと呼ぶ。

ようになったのかもしれないが、この説は地底の憶測に過ぎない。
が、なんにしてもありえない商品名(笑)
布ペーパーに耐水ペーパー、意味不明。
猫キャットの扉ドアーを閉めシャットだ。

で、ラワン合板なら240番あたりで磨いてから400、シナベニヤは
いきなり400でO.K.

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

手作りスピーカー サンディング

さて、手作りスピーカのつづきです。
サンディングです。
こぐちのざらざらを削って落とします。

spmgk119.jpg

spmgk120.jpg

木肌が滑らかなシナの木のベニヤなので、ほとんどこぐちのサンディングだけみたいなものです。
こぐちを削る前提で、わずかにこぐちを前板よりも出して組み立ててあります。
この微妙な段差をサンディングでつじつま合わせします。

spmgk121.jpg

バスレフポート(ズンドコ音の出口)脇のやや大きな段差。
手作りならではの・・・・

テーマ:手づくりを楽しもう - ジャンル:趣味・実用

 | HOME |  »

FC2Ad

 

プロフィール

地底

Author:地底
ニュー地底へようこそ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

マイフェイバリット・・・

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。