ニュー地底

熟読型写真ブログ・ニュー地底

2008-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブルバスレフの木取り図

 木取り図と言いまして、市販している板材から(規格が有って
910mm×1820mmとかの寸法です)どういう風に木工作に必要な
部品を切り出すかを考えて、作成する図ですね。

昔は下写真のように手書きでやりました。
もちろん、これに先立って三面図を書いて、そこから作業性のよい
部品寸法を考えます。
itdr_1.jpg


とりあえず必要な寸法の材を書き込んだら、切り出します。
itdr_2.jpg

で、このパーツを板材図面上でジグソーパズルのように、組み
合わせをあれこれ考えるのです。
面倒くさいですけれども、楽しい作業でした。

一番無駄が無いように、そして組み上がったときの木目の向きなども
考慮しなければなりません。
裁断を依頼するときの作業のやり易さ(※)や、連続した直線斬りを
活かして精度が上がるよう算段もします。

※これが結構大事でして、技術者のミスを誘発しないようにとか、作業
手順がなるべく煩雑にならないようにとかを考えて依頼するとと、結局
は依頼者が得をします。

 今では、OOoDraw(フリーソフト)を使って図面を書きます。
これの良い点は、同一内容で組み合わせの違う板取図を何枚も出力
しておき、現場で先方の技術者と相談しながら実際の板材の木目に
あわせたものをセレクトする、なんていう小技が効くところでしょうか。

一番目立つところに材の傷や節目がこないような図面を選択したり
出来るわけです。


スポンサーサイト

テーマ:手づくりを楽しもう - ジャンル:趣味・実用

You can't hurry love.

木工も急がず。
塗色を検討します。左がシナ合板、右ラワン合板。
nuri.jpg

何色かの水性ニスを重ね塗りしクリアーがけを試して、そしてしばらくほっぽいといて、
折に触れ目に入るように置いておきます。
そうやって、これは厭きるかな?と思った色を除外します。

今回はオールナット色で行くことにしました。

テーマ:手づくりを楽しもう - ジャンル:趣味・実用

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

地底

Author:地底
ニュー地底へようこそ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

マイフェイバリット・・・

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。