ニュー地底

熟読型写真ブログ・ニュー地底

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピーカーを作る。仕事のできるひとの接客はすばらしい。

 長年使ってくたびれ、ついにあちこちポロポロと崩落し始めた
スピーカーを思い切って新調することにしたのです。

合板の販売とカットを受け付けている店に行くと、
「混んでいるから丸一日くれないか」
というから、注文の翌日に頼んであった板材を取りに行きますと、
なにやらオヤジの応対がおかしい。
「すみません、今日混んでいてまだできていないのでさらに明日
以降になります。」

おかしい。
今日はどう見ても、手が回らないほど混んでいたようには見えなかった。
店に到着してから、他の買い物もあったので受け取りカウンターには
直行せずにしばらく店内をぶらぶらしていたけど、そのあいだ電鋸は
一度も回っていませんでしたよ。

 仕方なく帰ることにし、帰りがけに工房をちらと覗くと、頼んでおいて
いたのと同じ3×6の合板を抱えてやおら裁断し始めようとするオヤジの
姿が目にとまりました。
『忘れてやがったか?・・・そして嘘つきやがったのか?(笑)』

 翌日、受け取りに行くと前日のオヤジではなく仕事のできそうな若い女性
スタッフが、平身低頭で応対してくれました。
「忘れてましたか?」と、訊くと正直に「はい、申し訳ありません。手違いで・・・」
と、ごまかさずストレートに真摯に答えてくれました。
わはは、と私。

 …昔この店は、フロアマスターみたいなエキスパートのおじさんが居て、
それこそどんなことでも答えてくれました。
「名前がわからないけどこういうのに使う工具の部品で・・・」なんて質問にでも、
それはみごとに「それだったらこれですね」みたいな応対をしてくれたものでしたが、
近年、オヤジ店員のクォリティの低下がはなはだしいように思うのです。

中途半端に専門的に答える、客を見下したかのようにみえなくもない接客を
する、どうやら質問の趣旨がよくわかってないようなのに断定的に答える、
などなど。

 おそらくはとんでもないお客も多数来るんでしょう、こういう専門店ぽい店には。
ひょっとしたら実際お客の問い合わせの8割以上がピントはずれで、実現不可能
な問い合わせなのかもしれません。

でも、だからといって、自分が知らない商品についての問い合わせに対して
『そんな妙な商品なんか発売されてませんよ』的な応対はだめでしょうに。
すくなくとも、ちょっと前のこの店の、エキスパートのおじさんたちはそういう
応対はしませんでしたよ…

ましてやごまかしなんて考えられませんでしたよ、などと心の中で思いつつ、
前日のオヤジとはぜんぜん違う印象の女性スタッフから板を受け取って帰る
地底なのでありました。

speaker001.jpg
板材のカット精度は、かなりイケてます。

しかし、あのエキスパートなおじさんたちはどこへ消えてしまったのでしょうか?
かわりにどの部門も若い女性スタッフが非常にきちんとしてて且つ仕事が
できるかたが多いので、まぁ良いといえばよいのですが・・・。



テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

コメント

貴君の健闘を祈るよん。

∠( ・∀・)イエッサー!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chitei.blog108.fc2.com/tb.php/122-e5f78611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

地底

Author:地底
ニュー地底へようこそ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

マイフェイバリット・・・

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。