ニュー地底

熟読型写真ブログ・ニュー地底

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信楽といえば狸、狸が呼ぶ信楽

 信楽って、狸があって良いよね、と。

 別に狸だけを焼いているわけではないのだが、
信楽を思い出すとき狸は自動的に映像として想起される。
あるいは、狸を見るたび信楽を思い出す。
そういう特徴づけというか、信楽というブランドを強く印象付けるのに
狸は十分すぎるほど役立っているように思う。

ほかの焼き物産地には、なかなか無いように思う。
信楽に来て焼き物を買うついでに、うっかり狸を買ってしまった人々は
狸を見るたびに信楽を想起し、また訪ねたいと思う。
すっかり狸の術中に嵌ってるのである。

そんな話をしながら、狸に呼ばれ信楽に向かったのは少し前の話。
まだ寒かった。

呼んだ彼ら。
sgrk_t.jpg
なんだろうか、この鉄板感。安心感。

 狸を一通りみて、狸成分を吸収。別にこの店も、狸専門店では無い。
皿やら器をあちこちうろちょろ見て回ったのだが、前夜の宿が寒かったのか
異常に体が冷えていて、だんだん具合が悪くなってきた。

深部体温が下がってる感がある。
足湯でも無いかねぇ、と言ってたら足湯の看板を見つけて、
ちょっと迷ったのちに足湯やさんに到着。

 ドライブインの横に足湯場がくっついている形で、足湯に入るには
そのドライブインのレジで入湯券を買うようにと表示が出ている。
レジに行くと、
「お食事を2000円以上されはったら、足湯の割引させていただきますけど、
良かったらお食事どうですかぁ?」
と言われ、まぁどうせじきに昼だからあったかいおうどんでも食べるかと、
すなおに営業トークを受け入れることにする。

asyu2.jpg

 うどんはとても美味しかった。体も少し温まった。
勘定を済ませ、もともとの目的、足湯に。

asyu.jpg
先客が居た。

 ずいぶんと長い間、二人して足を浸け、なんとか体が温まった。
前日から長い時間かけてゆっくり冷えたからか、なかなか手ごわい冷えだった。
二人でぼそぼそと話しながらのんびり足を浸けていたが、その間誰も来ず。

 ふと、「この足湯、これで儲かるとは思えないから、ドライブインに立ち寄らせるための
トリガーとして設置したものなのかもねぇ」などと話した。
実際私ら狸ファン2名は、もともと足湯300円×2のつもりだったのである。
それが、すっかり鍋焼きうどんやら何やらを食べ2千数百円を勘定してきたわけである。

 お商売、いろいろ大変だが、いろいろアイデアもあるものだなぁと
感心した、そんな狸地帯なのだった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chitei.blog108.fc2.com/tb.php/343-e66c5738
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

地底

Author:地底
ニュー地底へようこそ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

マイフェイバリット・・・

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。